子供3人OKの政策発表受け、Wuling即時「9シーター」構想発表
中国は2021年5月31日、産児制限を緩和し、夫婦1組につき3人まで子供をもうけることを認める方針を発表した。これに対して、中国格安EVの代表格、3万元「宏光miniEV」で知られる五菱(Wuling)は2021年6月3日、公式WeChatで「国の政策に積極的に呼応、間もなく子供3人を想定した9シーターモデルを発表する」と発表した。「宏光miniEV」があまりにも画期的だったためか、日本ではこの点ばかり強調されるが、Wulingの強みはこの政府・政策順守の姿勢、政策発表からわずか3日で新車種発売を表明というスピード感、そして「人民が必要なものを作る」というスタンスだ。そこに合弁相手のGM色が感じられるか、といえば、はなはだ疑問だ。