Xpeng、第4のモデルは22年の中大型SUV、完全自社製造に変更
中国新興EVメーカー大手の小鵬(Xpeng)の内部資料が流出、今後の製品ラインナップや構想の一部が明らかになった。中国ではよくある「流出」ではあるが、Xpengがメディア対策用に故意に流布した可能性もあり、その意味では情報の信ぴょう性は高い。それによれば、2022年、第4弾モデルとして大型SUVをリリースする予定で、2023年から2025年までに順次3モデルを発売、2025年には全7モデルの製品ラインナップになるという。また、今まで海馬(HAIMA)というOEMに委託生産していた第1弾モデルのコンパクトSUV「G3」を2021年後半にも自社製造に切り替えるという。