DEEPROUTE、地元深センで自動運転の実証実験、初の認可取得
広東省深圳市を拠点とする中国自動運転スタートアップ元戎啓行(DEEPROUTE)は2021年4月23日、深圳市インテリジェント・コネクテッド・ヴィークル(ICV)公道実証実験共同活動グループが発行する「ICV応用モデル通知書」を受け取ったと発表。同通知書を受け取った初めての企業であり、「これはDEEPROUTEが深圳で乗客あり自動運転を初めて実現する企業になることを意味する」とした。実際、同じく中国自動運転スタートアップのAutoXが、深圳で安全員なし、乗客ありの自動運転タクシーサービスを実施しているので、あくまでも同通知書ベースのものという理解にとどまる。