20210409NEV「あるある」を新華社が真面目に報道、業界は戦々恐々
中国国営通信社、新華社は2021年3月28日、「これらの欠陥、治癒が必要――新エネルギー車(NEV)業界発展の憂いに焦点を当てる」という記事を配信、これに対して現地業界が戦々恐々としている、という。記事で指摘されているのは、別に秘密でもなんでもなく、中国の業界日常「あるある」だが、指摘したのが新華社であるのが問題。これらが今後、中国問答無用行政による厳しい監督管理の対象になっていく可能性が高まった。記事が指摘した中国NEV業界の問題点は主に下記。