20210407トヨタ・ホンダの独占に危機感、中国勢急ピッチでHEV開発
長城汽車の高級SUVブランド「WEY」は2021年3月25日、はじめてのプラットフォーム「レモン」によるDHT(Dedicated Hybrid Technology)、つまりハイブリッド(HEV)専用技術モデル「V51」を発表した。中国こそBEVを中心とした新エネルギー車(NEV)に注力していると思われがちだが、今はむしろHEVに対する危機感の方が強い。背景には、2035年の中国新車販売でNEV比率は確かに50%程度が見込まれるものの、もう50%を占めると思われるのが、HEVを中心としたエコカーであること、しかし現状、中国のHEVはトヨタ・ホンダ(中国では漢字表記のため「両田」と総称される)の日本勢に独占されていることがある。