20210228「国家総合立体交通網計画要綱」中国の「6本の主軸」
中国共産党中央と中国国務院は2021年2月24日、「国家総合立体交通ネットワーク計画要綱」を発表した。その中の「三、国家総合立体交通配置の最適化」「(二)高効率な国家総合立体交通ネットワークの背骨の建設加速」には「専門欄三」があり、6本の主軸、7本の回廊、8本のルートという三つが設定されている。ここでは6本の主軸の詳細を見てみる。基本的に、北の北京-天津-河北、東の上海を中心とした長江デルタ、南の広東-香港-マカオの朱江デルタ(原文では「広東-香港-マカオ」のみが使用されているが、ここでは簡略表記)、西の成都・重慶の四つのエリアに対して、双方向のパターン6つが6本の主軸として描かれている。