20210109DiDi、北京運転手1日平均9000人にPCR検査、ワクチンも
中国ライドシェア最大手の滴滴(DiDi)は2021年1月4日、北京市における同社通常サービスと、格安サービス「花小猪」のドライバーに対するPCR検査実施状況を発表。それによれば、通常サービスドライバー4万5904人が検査を行い、発表時点までに2万4737人の結果が出ており、「花小猪」ドライバー2万7788人が検査を行い、発表時点までに1万7066人の結果が出ており、いずれもすべて陰性だったとした。平均で1日9000人のPCR検査を行っている、とし、すべてDiDiによる費用負担。今後はワクチンについても、ドライバーへの接種を開始する、とした。