20200701浙江初スマート高速道路にアリクラウドがPFやAI技術投入
浙江省で初めてとなるスマート高速道路「杭州-紹興-台州」高速道路の一部が2020年6月28日、先行開通した。今回、高速道路の建設と運営を行う紹興交投はアリババのクラウド・コンピューティング部門「阿里雲(アリクラウド)」と協業、全行程を感知するスマート高速道路クラウド・コントロール・プラットフォームを共同で構築、高速道路というインフラそのものが交通管制を行う中国初の試みを実現、準全天候型で、多少の天気の悪さでもその安全性を保障する、というもの。