ニューソフトとSemiDriveが提携、中国発の車の智能化目指す
東軟集団(ニューソフト)とアルプスアルパインの合弁である東軟睿馳(ニューソフトリーチ)と、車載半導体チップのスタートアップ芯馳科技(SemiDrive)は2022年4月7日、戦略パートナーシップ協議を締結、両者は「ソフトウェアが自動車を定義する(SDV)」をめぐり、自動車のインテリジェント化技術や製品の領域で深く協業、中国産のソフト/ハードウェアソリューションの実現を加速、インテリジェント・ヴィークルの新たなエコシステムを構築していく、とした。これに伴い、ニューソフトリーチの独自OS「NeuSAR」のエコシステムにSemiDriveが加入することになるという。