アウディ3社目の合弁はアウディ一汽、ポスト合弁時代の典型に
独アウディは先日、中国で三つ目の合弁となる奥迪一汽新能源(アウディ一汽)を設立させた。新エネルギー車(NEV)のみの製造を行い、販売は一汽VWアウディの既存ネットワークを活用していく、という。同時にもう一つの合弁である上汽アウディは初めてのNEVモデル、「e-tron Q5L」の発売を開始した。中国で根強い人気のある、ジャーマン3の一角、アウディの動きが激しくなってきている。その背景には、ポスト合弁時代のアウディの中国戦略が関係している、という。