バイドゥ、北京の自動運転タクシーで初の料金徴収、営業化進展
北京市インテリジェント・コネクテッド・ヴィークル政策先行エリアは2021年11月25日、同エリア「自動運転モビリティサービスビジネス化実験管理実施細則」を発表、バイドゥや小馬智行(pony.ai)などに対して、自動運転料金徴収の許可書を交付した。そのうち、バイドゥのApolloがこの日、始めてユーザーから料金を徴収、ビジネス化の先陣を切った。バイドゥApolloにとっても純粋な自動運転タクシーにおけるC向け料金徴収は初めてのことだと思われる。