Xpeng、2022年下半期に広州で自動運転、Robotaxiに進出へ
中国新興EV大手の小鵬(Xpeng)は2021年11月23日、2021年9月期の業績を発表、7~9月の売上高は前年同期比187.4%増の57.2億元、前四半期と比べても52.1%増となった。粗利率は14.4%と、前年同期の4.6%よりも大きく飛躍、前四半期の11.9%と比べても、確実に上昇しており、収益力の高まりがうかがえた。目先はサプライヤーの混乱で乱高下激しい、以前までの中国新興EVのシンボル蔚来(NIO)に代わり、現在最も安定して成長しているXpengは2020年7~12月に自動運転タクシー、いわゆるRobotaxiに進出する可能性も示唆した。中国新興EVの中では初めての正式かつ具体的な同分野進出の発表となる。