中国2020年企業グループ別自動車生産台数、集中か? 分散か?
工業・情報化部(工信部)は先日、「2021年中国自動車産業発展年報」を発表、その中で、中国の自動車生産台数に関する統計で、乗用車・バス・トラック・専用車別の2012年~2020年までの推移の他、乗用車に関する企業グループ別の生産台数シェアも発表されていた。それによれば、トップ10の企業グループで95%前後を占めており、「産業集中度合いは極めて高い」と評価していたが、実際にはこのトップ10の企業グループで、外資を含む多くのメーカーが存在しており、また、「その他」だけでも100万台越えており、極めて分散している傾向でもある。

1.上汽集団……VW、GMの他、ROEWE・MGなど独自ブランド数種
2.一汽集団……VW、アウディ、トヨタ、マツダの他、紅旗など独自ブランド
3.東風集団……日産、ホンダ、シトロエン、KIAなどの他、独自ブランド数種
4.広汽集団……トヨタ、ホンダ、三菱などの他、伝祺・AIONなど独自ブランド
5.長安集団……フォード、マツダなどの他、独自ブランド
6.Geely……20年時点で独自ブランドのみ
7.北汽集団……ベンツ、ヒュンダイなどの他、独自ブランド
8.長城……20年時点で独自ブランドのみ
9.華晨……BMWの他、独自ブランド
10.Chery……ジャガー・ランドローバーの他、独自ブランド