21年上半期自動車販売店生存報告、厳しさ滲む中国販売店の経営
中国自動車流通協会は2021年7月28日、「2021年上半期全国自動車販売店生存状況調査報告」を発表した。2021年は、前年の新型コロナ禍を経て、今のところは販売台数でプラス成長を続けている中国。一方で今回の報告では、販売店のメーカーに対する満足度は2020年通年と比べ、下げており、2割以上の販売店で販売目標達成度が40%以下となっている。赤字の販売店比率は2020年通年と比べて下がったものの、黒字販売店比率も下がっており、収益構造として、アフターサービスの比率が2020年通年と比べて急伸して6割近くに達した。集客コスト高に苦しむ販売店が55%を占めているなど、販売店としては厳しい状況が続いていることが明らかになった。