長城汽車、全く新たなバッテリー技術「大禹電池」、特許も開放
中国民間OEM大手の長城汽車は2021年6月29日、プラットフォーム「コーヒー」インテリジェント2.0発表会の当日、全く新たなバッテリー技術「大禹電池」を発表した。「大禹」は禹(う)とも呼ばれる中国古代の伝説的な帝で、中国初の王朝とされる夏朝の創始者。黄河の治水を成功させたことで知られる。夏になるとバッテリーが発火するようになる中国において、バッテリーの安全性確保が急務であり、禹の治水事業が「詰りを取り除きスムーズにした」とされることに因み、研究開発されたものだという。