バイドゥApollo、長城汽車高級SUV「WEYモカ」にもAVP提供
バイドゥApolloは2021年6月29日、公式WeChatで、中国民間OEM大手の長城汽車(Great Wall)と自動バレーパーキング(AVP)で深く協業していくと発表した。バイドゥApolloのAVPはすでにバイドゥも出資している中国新興EVメーカー威馬(WM)にも「W6」に採用されており、大規模に顕在化したものとしては二つ目のOEMによる採用となる。長城汽車が進めるインテリジェントプラットフォーム「コーヒー」による、長城汽車のハイエンドSUVブランド「WEY」の「WEYモカ」から、2021年下半期には搭載される見込みだという。