広汽トヨタ「シエナ」製造販売へ、「GL8」の史上最強の挑戦者
中国の新車市場において、最も固定化が進んでいるとされるMPV市場。毎月の各社各車販売台数に大きな違いがなく、順位も変化があまりない。上はレクサス「LM」、トヨタ「アルファード」から、下は上汽GM五菱「五菱宏光」まで、市場全体としては幅広いナインナップながらも、ミニバンそのものが中国で伸び悩んでいることもあって、動きがない。そんな中、広汽トヨタが「シエナ」の製造販売を発表した。トヨタがMPVを中国製造するのは初めて。中国においては希少価値ゆえに大人気の「LM」「アルファード」ではない、中国MPV市場において販売台数で競う。その相手はもちろん、GMビュイック「GL8」だ。