広州コロナ再拡大、中国スピードでテック各社が無人技術を発揮
2021年5月末以降、広東省広州市でインド変異株による新型コロナウイルスの感染が拡大している。2021年6月6日までに100人程度の感染者だが、中国では久しぶりのクラスターが起きており、現地では厳戒態勢だ。広州ではロックダウンに近い対応が取られており、中国らしい先手先手で動いている中、やはり活躍しているのは、2020年の武漢等対応で一躍脚光を浴び、そこで経験やノウハウを蓄積した、無人運転車両だ。