中国新興EVメーカー大手の威馬(WM)は、世界最大の送電企業である国家電網(State Grid Corporation of China。ステートグリッド)と協業し、V2G(Vehicle to Grid)技術の実用化を進めている、と発表した。2020年3月に、充電スタンド、5G、ビッグデータなどを新型インフラと位置