中国のAI系スタートアップである地平線(Horizon Robotics)のファウンダー兼CEOである余凱氏が中国現地メディアのインタビューに答え、「AIはデジタル経済時代のライフライン」などの見解ともに、将来的なモビリティ社会に対する自身の見解を説明している。