中国では以前から自動運転に関する研究開発は多く進められてきたが、新型コロナウイルスのまん延により、「非接触」サービスが必須となると、俄然注目を浴びるようになってきた。毎日多くの無人車両が活躍している報道がなされている中国だが、様々な課題も指摘されている。